oboregoto

溺れるしあわせを綴る雑記ブログ

【乗馬初心者】落馬がこわい?安全に乗馬を楽しむためにヘルメット・ベストは必須

乗馬を始めたばかりだと、意外と馬に乗ると目線がかなり高くなることにびっくりしますよね。「もし、落馬したらどうしよう・・・」と不安になっている方もおられるのではないでしょうか。


馬は動物なので、予測できない動きをすることもあります。乗馬は優雅なようで、実際は危険ととなりあわせのスポーツです。落馬することを想定して、安全に乗馬を楽しむための準備をしっかりしておかないといけません。


この記事では、乗馬歴1年のわたしが実際に目撃した落馬の状況と、落馬しそうになったときのできごとと合わせて、安全に乗馬を楽しむために必要なグッズ(ヘルメット・ベスト)についてまとめています!

初心者向け乗馬レッスンで落馬する可能性は?

f:id:migaruhack:20180906194345j:plain


乗馬のレッスンのなかでも落馬のリスクが高いのは、上級者向けの「障害レッスン」です。バーを飛び越える練習中、うまく飛べなくて落馬する・・・ということはよくあることです。


しかし、頻度は高くないものの、初心者向けの乗馬のレッスン(軽速歩や駈歩のレッスン)でも落馬することはあります


たとえば、こんなことがありました。

・軽速歩中に馬の足がもつれて、乗り手がバランスを崩して落馬


・馬が大きな物音に驚き、よこっぱね(安全なところに瞬間移動)


いずれも、乗り手には予測不可能なことです。馬が生き物である以上、ふいに転ぶこともあるし、驚いて急に走り出すこともあります。


落馬しないためには正しい姿勢で乗る(前かがみになると、ちょっとしたことでバランスを崩して落馬しやすい)ことが大切ですが、それ以上に万が一落馬しても大きなケガにならないよう、しっかりと自分の身を守るヘルメットや乗馬用のベスト(プロテクター)を身に着けておかないといけません!

安全に乗馬をするためにヘルメット・ベストは必須

乗馬クラブでは、ヘルメットとベスト(プロテクター)はレッスンの際に着用することが決まりになっているところが多いかと思います。レンタル品がたいていのクラブには用意されているでしょうが、クラブによってはレンタル料がかかるところもありますね。


夏場はかなり汗をかくので、レンタル品だと衛生的にちょっと気になるので・・・体験乗馬ではなく、長くレッスンに通うつもりなら、早いうちにヘルメットとベストを購入することをお勧めします

乗馬用のヘルメットは安価なものでOK

乗馬用のヘルメットの値段はピンキリですが、高価なものを買う必要はないです。ヘルメットが乗馬の技術を左右させることは(初心者のうちは)ないと思うので。


ただし、自分の頭のサイズにしっかり合うものを選びましょう。外国製のものは日本人の頭に合わないことがあるので、しっかりと試着するほうがいいです。


ネットで買うなら、日本製のものを選ぶと失敗しにくいのでオススメです。「ダイヤル調整機能付き」のヘルメットを選ぶのもいいですね。



このヘルメットは日本人の頭の形に合わせて作られていて、ダイヤル調整機能もついているのでお勧めです!

乗馬用ベストはエアータイプが安全!

乗馬用ベストも値段はピンキリですが、安全第一なので、あまりにも安いものは避けたほうが無難です。


このようなベストを着ている方がおおいです。


より安全を追求するなら、衝撃を受けるとエアバッグが膨らむタイプのベストを選びましょう。


乗馬用のものはなかなか見つからないのですが、バイクに乗る方向けのエアーベストで代用できますよ!

落馬がこわいならしっかり対策をしよう!

f:id:migaruhack:20180906194414j:plain


乗馬は、落馬の危険が隣り合わせのスポーツです。いくら注意をしていても、予測できない馬の動きによって、事故的に落馬してしまうことがあります。


落馬しないように乗ることが大切ですが、ヘルメット・ベストをしっかり着用して、もしもの時に備えましょう!


最後までお読みいただきありがとうございます!
こんな記事も書いています。
www.oboregoto.com
www.oboregoto.com