oboregoto

溺れるしあわせを綴る雑記ブログ

キングオブコント優勝!ハナコの3人コントが最強だったと思う理由

2018年のキングオブコントで優勝したハナコ。わたしは初めてみたトリオだったのですが、めちゃくちゃおもしろかったです! 見逃した方は、YouTubeなどで検索して見てみることをおすすめします。


簡単にハナコのネタを見た感想を書きます。

キングオブコント優勝「ハナコ」のネタを見た感想

ファーストステージの犬ネタ

犬(全身タイツ)、飼い主、飼い主の友人。


犬の心理が的確でおもしろい!
大声で叫ぶ=吠える
笑う=しっぽを振る
他人に吠える=だれ!?


飼い主と飼い主以外(友人)への接し方のちがいもいい。友人役はほとんど話さないので、この人いる…?という疑問はぬぐえなかったが、接し方の違いを表すには必要な役割だとおもった。


ファイナルステージの追いかけっこネタ

古きよき青春ドラマにありそうな、カップルが浜辺で追いかけっこするネタ。


彼氏、彼女、彼女の分身のようなもの


ファーストステージで友人役をした菊池さんがどういう風に出てくるのか興味をもって見た。まさか彼女の分身のようなもので出てくるとは。。。発想がすごい!


追いかけっこがだんだん激しくなっていって、なにかの競技のようにフェイントを繰り出したり、煽ったりするのもおもしろかったが菊池さんの登場が最高だった!


途中で流れる山崎まさよしの歌もいい。「秒速5センチメートル」の主題歌という超王道の青春の歌。これをコントで使う!? それに、暗幕の表現にもあっている。秒速でも、この曲が流れるときパッパッと場面が細かく切り替わるところがあった。そっくりではないけど、似せているのかな?



最後のオチ、「女子ムズーッ!」ですべてが説明されたような感じがして清々しい。彼女は彼氏がずっと追いかけてきてくれたことに愛を感じてるということなのだろう…。


しかし最後まで菊池さんの存在が謎というのが最高。

ハナコは三人コントの真髄だとおもった

ハナコが優勝したのは、新しさというのが強かったんじゃないかなと思いました。


これまで三人でされるコント(東京03とかジャンポケとか)はメインのボケ、ツッコミ、小ボケという感じが定番だったのに、ハナコは1人を完璧に脇役にしている。これがなかなかおもしろい!


菊池さんはいつどんな役で出てくるのだろうか。。。それも楽しみだし、菊池さんの存在が地味ながらネタに深みを出している感じがします。ファーストステージのように「一般人」的な脇役もいいし、ファイナルステージのように「メタファー」的な脇役もいい。


これからまた新しいネタをテレビで見られるのが楽しみです!!

ハナコの公式ネタ動画はYouTubeにて

ハナコの他のネタ動画はYouTubeの公式チャンネルにてアップされています。



ハナコ「カレー屋」


独特の雰囲気のコントばかりではまっちゃいました。気になっている方はチェックしてみてください!