oboregoto

溺れるしあわせを綴る雑記ブログ

KAT-TUN上田竜也ソロ曲「ART OF LIFE」のライブパフォーマンスがたまらないやばさ

KAT-TUNの上田竜也くんの圧倒的ソロ曲「ART OF LIFE」。 

 

遅れ気味KAT-TUNファンのわたしは最近になってようやくライブDVDを拝見したのですが…そのパフォーマンスがいろいろな意味でものすごかった。興奮おさまりきらないのでここで「ART OF LIFE」のライブパフォーマンスの内容と見た感想をまとめます。

 

 

 

KAT-TUN上田ソロ曲「ART OF LIFE」とは?

KAT-TUNの上田くんのソロ曲「ART OF LIFE」は、KAT-TUN6作目のオリジナルアルバム「come Here」に収録されています。亀梨・田口・上田・中丸の四人体制での唯一のアルバムで、おのおののソロ曲が一曲ずつ収録されています。 


このアルバムをもとにした2014年のライブツアー「come Here」で「ART OF LIFE」のパフォーマンスがおひろめされました。PV・MVの類はなく、ライブ映像もネットにころがっていません(探せばあるかもですが合法的ではないので・・・なかなか見つけることは難しい)ので、拝見するには「come Here」のライブDVDをゲットするのが王道です。 


 

「ART OF LIFE」のライブパフォーマンスが怖すぎる

「come Here」のライブDVDでのパフォーマンスは一言でいうとクレイジーです。上田くん、ジャニーズとは思えません。世界観がロックすぎます。好きです。


この上田くんは「AOL様」と呼ばれているそうです。たしかに様をつけて呼びたい。


パフォーマンスの内容を箇条書きで書きますね。

 

・上田くん、半裸金ネックレス+いかつめの赤と黒の衣装+上着羽織り(通す気のさらさらない長袖)で登

・黒い服を着たいかつい男たち(ジュニア?)の一人から煙草を奪い、とつぜんの根性焼き。!? 

・別の男が音を立てたことでターゲット変更。蹴り飛ばす

・酒瓶をゲットした上田くん、次のターゲットを探してうろうろ。男、逃げようとするが捕まる。 

・酒瓶で男を殴る。倒れ、首がだらりと落ちてもなお殴る。「ART OF LIFE」のイントロのリズムと殴るリズムが一致する

 

・殴り終え、手拍子を始める上田くん。男たちも手拍子しはじめる。倒れた男も首が落ちたまま(観客から見えてる)手拍子するのでどちゃくそクレイジー。

 

・「ハッハッハ…」という音源に合わせて倒れた男をけっ飛ばし、歌い始める上田くん。怖い。と、曲がはじまるまでの導入が長いし怖い。初日の方は相当びびったんじゃないでしょうか…ああ、そこに居合わせたかった!! 

・歌っている間はクレイジーパフォーマンスもおやすみ。ダンスがキレッキレで好きすぎる。

 

・二番サビ終わりのなにかが割れる音に合わせて、ステージ上に意味深においてあった女神像を上田くんが叩き割る。この瞬間、上田くんが新たな神となったに違いない。男たちが上田くんを担ぎ上げ、ステージ上に丁重に運ぶ。

  

・激しい間奏。上田くんが脱ぐ!!腹筋が露わに!!たまらん!!ステージから飛び降りて踊る!!

 

・ラストサビ。腰を振りまくる上田くん。

これは単にファンサービス(黄色い声が響きわたる)という見方もできるが、世界を創造している最中なのではないだろうかと深読み解釈。彼は神なのだから…


個人的には、この上田くんを現代に現れしサターンだと思ってみていました。(?)

 

「ART OF LIFE」のライブパフォーマンスを見た感想まとめ

上田くんもといAOL様はめちゃくちゃ好みの世界観です。狂気+美しさで凄みが増しますね。


新曲ソロ「END OF WORLD」も同じ系統の曲(ロック系)で、ライブパフォーマンスもクレイジーめだったので、この世界観を突っ切って欲しいです!!